So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

コンサートマスター [コンサートマスター]

そういえば、これについて書いていないと思ってふと気づいた
半数が演奏会についての思いを連ねてる

そう、それは当たり前の話。自分自身がコンサートマスターだから
オーケストラマスターではなく、オーケストラトップでもなく、
オーケストラリーダでもなく、、、

あくまでも「コンサート」マスターなんだよね

その対象は、コンサートにあって、オーケストラはあくまでもその手段
コンマスは、「コンサート」全体の責任を一義的に負うのだ

指揮者が一つ一つの音楽作品に対して責任を負うのに対して、
コンサートマスターは、1回1回の「コンサート」に対して責任を負う

一つ一つの「演奏」責任だけでは足りないのだ

指揮者とオーケストラとの橋渡し、翻訳者、現場監督、、、
そんな言われ方をするけど、

その対象は、究極的には「コンサート」そのもの

聴衆との一期一会をどう作り上げていくか、それがスタート地点だ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。