So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

マンドリンにあっている曲とは [マンドリン]

歴然とあることは事実

でも、音楽作品には普遍性や汎用性があると思う たとえそれが作曲家の意図に明らかに反するものだとしても 作品として生み出された瞬間から、作曲家の手から離れて一人歩きを始める それが出来る作品こそ、価値がある作品というのでは?

そして、それと同じくらい、演奏家の想いもあるかな 独り善がりと紙一重だけど、あるいは独り善がりであったとしても、その想いがない演奏よりは聴衆の心をうつ

だからこそ、自分にとっては、マンドリンに合うか合わないか、作品の別の面白さを表現出来るかってことには、それほど関心がない

あるのは自分の基準の中で、出来るか出来ないかだけ 面白いかそうでないかだけ

ちょっと予想外かな


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。